*

2015年8月

離婚ということになってもかまわないその場合の慰

離婚ということになってもかまわない、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、さらに揉める可能性が高いので、できるだけ避けましょう。信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。

信頼できる人が同行できないときは、探偵等に頼むことをお勧めします。探偵が行う浮気調査でも毎回成功するとは限らないでしょう。
探偵は浮気調査をよくやっていても、予期せぬトラブルに見舞われることがごく稀にあります。

尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。

それに、浮気調査実施中に不倫相手と接触しない場合には証拠を入手しようがないです。

浮気した事実をカーナビで証明できるのです。
みつからないようにカーナビに残っている履歴を確認することで、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられる場合があります。あまり見たことのないところの履歴があった場合、注意が必要です。



それに加えて、しばしばもしもガソリンが入れられていたら、デートを車でしている可能性があるかもしれません。
探偵をバイトでしている人のいる事例がございます。探偵のアルバイト情報を調べれば、その仕事の募集を見つけるでしょう。これからわかることは、バイトを働かせている探偵事務所もいくつもあります。


浮気をしているのか調べてもらうのならば、個人情報を教える必要があります。
でも、バイトだと正社員と違ってずっと続けているという保証はないですし、見た情報を他人に流すことも否定できません。
相手に気づかれないで客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。
浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、顔が見分けられないような露出不足だと証拠として扱われません。


浮気を探偵に調査してもらうなら、非常にコンパクトなカメラを使って全く気づかれずにはっきり判別できる写真を撮ります。

実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、普通は3~4日が目安です。最初に断わっておきますが、これはあくまでも一般的な期間です。パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあるのです。逆に、怪しい日が調査の前に分かっていれば、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。浮気に関する調査を成功報酬で探偵事務所に依頼したら損しないかと言うと実際にはそうでない場合もあります。
成功報酬と言えば、一般的には結果として不成功となった場合、報酬支払いの義務がなくなるので依頼者は損をしなくて済むように感じます。


したがって、探偵事務所の中でも成功報酬を採用している所に絞って、見つけている人もいるのです。成功報酬制の料金体系を設定している探偵事務所は、最終的に成功した調査でないと報酬が得られないという不安があるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。



その結果として、成功報酬であっても、浮気の調査費用が安くなるわけではないのです。

実際の調査能力などもチェックして、はっきりとした料金システムの探偵事務所に依頼することが重要なのです。

せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者自身が焦ったりして、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって証拠を残さないようにし始めたりして、うまく行かない事もあるのです。


たとえ探偵が浮気調査をしても、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。成功しなかったときの調査にかかった費用についても、調査を始める前に契約書に盛り込むことが必要なのです。
例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠を掴めるのです。理由は携帯が浮気相手に連絡する手段としてごく自然に使われるからです。今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡をことも増えていますが、浮気相手の「声」を聞きたくなる時もあるでしょう。ですから電話をする可能性も否定できないのです。

シースリー どこでも予約